山菜料理いろいろ

春、まだ畑作物の収穫がないころに山では、
ぜんまい、わらび、などの山菜が収穫できます。

山菜は、一度炊いたり、乾燥させたり、
皮をむいたり、アク抜きをしたり、、といった
手間のかかる下処理が必要な場合が多いですが、
それぞれ独特の深い味わいがあるように感じます。
収穫または栽培から食事が始まっているからでしょうか。

ウドの生えているところ

筍がでて来たところ(大きく出過ぎたものは収穫には遅くなっている)

わらび(ひょろっと出てきているが、ちょっと育ち過ぎ)

米ぬかを入れて、筍のあく抜きをしているところ

わらび、こごみ、ヨモギ、ウドなどの天ぷら

ウドの酢みそ和え、フキの麹和え

わらびと筍の炒め物、筍の煮もの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください